節約

神戸の女子一人暮らしで通信費を安くしたいなら「WiMAX」がおすすめ

投稿日:

通信費を安くしたいなら 「WiMAX」がおすすめ

スマホしか持っていないときには、データプランで映画を見たりネットを利用したりしていますが、PCを追加するなどオンライン用の端末が増えたときには、テザリングだけでは不便ですよね。

そんなときの選択肢としては、

  • 工事をしてネット回線を引き込むか
  • モバイルwifiを導入するか

の2択が代表的です。

わざわざ工事までしてネット環境を構築する必要がないと思えても、モバイルwifiがどんなものかわからないため、結局躊躇してしまう人も少なくありません。

そこでこちらでは、モバイルwifiについて気になることを見ていきましょう。

 

「WiMAX」と「ポケットwifi」どっちがいい?違いは何?

まず、WiMAXとモバイルwifiのど特徴を見ていきましょう。

WiMAXとは

WiMAXとは、UQコミュニケーションズ株式会社が提供しているデータ通信、またはモバイルwifiルーターです。

キャリア回線ではなく専用の回線を使用していますが、親会社がauということもあって信頼性が高いです。また、オプションでau 4G LTEをつけることで、遮蔽物や距離といったWiMAXの弱点をカバーしてくれます。

信速度は下りで最大758Mbpsとなっており、体感的にはインターネットで検索をする、SNSなどを利用するなどのデータ量の少ない作業ならば光回線とほとんど変わりません。

また、特にデータ量が多い高画質の動画を見たときには光回線に軍配が上がるものの、youtubeなど軽めの容量の動画ならば問題なく見ることができます。

通信量に制限はないとなっているものの、実際には7~10GBを超えると速度制限がかかります。

10GBというと、youtubeを標準画質で再生すると47時間前後で使い切ってしまう容量ですので、上手に使えば1か月もつでしょう。

月額料金は、従量制やワンデイタイプなど様々なプランがあるため一概に比較できませんが、ギガ放題にすると4,380円~となります。

ポケットwifiとは

ポケットwifiはソフトバンクの子会社であるワイモバイルが提供しているモバイルwifiルーターで、ソフトバンク回線と独自の回線を使ったサービスになります。

下りの通信速度は最大612Mbpsで、動画などは危なげなく見られるものの、WiMAXと比べるともたつきを感じることもあります。

通信量による速度制限はプランによって異なっており、5~10GBを超えると制限がかかります。

月額費用は最安で2,480円、データ量が多くなると3,696円~にアドバンスオプションが月額684円が加わります。

神戸だったらWiMAXがおすすめ

このように、それぞれのモバイルルーターに特徴はありますが、神戸ならば基地局の本数も多く、建物などの遮蔽物があってもスムーズに通信できるWiMAXがおすすめです。

WiMAXを最安値で契約する方法!プロバイダの選び方

WiMAXの契約をするときには、UQ WiMAX公式ページから申し込むこともできますが、プロバイダから申し込むと料金が4割近く安くなるからプロバイダ経由して契約することがおすすめです。

もちろん、すべて同じau回線ですからどのプロバイダを選んだとしても、WiMAXの通信速度が変わることはありません。

WiMAXでは、20社以上のプロバイダがありますが

  • キャッシュバックの金額
  • 月額費用など自分の用途に合った料金プラン
  • ルーターの機種

の3つを比較して、快適さや料金の節約などの理由で、自分にぴったりのものを選ぶといいでしょう。

以下にプロバイダやルーターの選び方を見ていきましょう。

キャッシュバックの金額と受け取るための注意点

キャッシュバックの金額はプロバイダごとにも違いますし、同じプロバイダでも契約するプランによってもキャッシュバックの金額が異なります。

ただWiMAXの公式サイトで契約するよりも3万円以上安くなりますから、もらえるものはもらっておきたいですよね。

しかし、キャッシュバックを受け取る方法が手間で、契約してから11ヶ月後にキャッシュバックを受け取る口座を登録して申し込みするのですが、これを忘れて結局1円も受け取れなかったという人も結構多いんです。

キャッシュバックをしっかり受け取るためには、カレンダーにメモしてアラームで通知させるなど忘れないための工夫が必要です。

ルーターは最新のW06がおすすめ

WiMAXの通信速度や使いやすさは、プロバイダによる違いがありません。しかし、ルーターとなると話は別です。

2019年に最新のルーターであるW06が発売されましたが、従来のルーターに比べて下り速度が圧倒的に早くなっています。また、Wi-Fi TXビームフォーミングを新機能として付け加えたことで、スマホやタブレットなどの端末を認知すると、そちらの方向にwifi電波を集中して出力するようになりました。

これにより、wifiの範囲内でも切れることがあったネット通信が、安定してつながるようになっています。

もちろん、上り速度も飛躍的に早くなったため、SNSなどに写真や動画をアップロードするときにも高速化を実感できるでしょう。

機能面やスピードが向上しただけでなく、初期設定をウィザード形式にして初心者でもわかりやすくしていますし、より軽量化したことで持ち運びも簡単になっています。

持ち運ぶ時にも、充電時間を短くしてすぐに使えるように工夫がされていて、めったに買い替えることがないルーターを用意するときにはぜひ候補に入れたい仕上がりです。

自分に合ったプランを選ぶ

WiMAXのプランは、月平均で使用するデータ量などに応じて選ぶことができます。

月7GBを超えると制限がかかる通常プランは、ほどほどに動画を見ることもあるものの、SNSやメールなども使うことが多い幅広い層の人にぴったりといえるでしょう。

一方制限を気にせず使えるというギガ放題プランの場合、あまりにデータ量が多くなると制限がかかることもありますが、ある程度しっかり動画を見る人でも快適に使うことができて便利です。

もちろん、ライフスタイルが変わってプランが合わなくなった時は、プラン変更もできます。

神戸一人暮らしの女性には「GMOとくとくBB」がおすすめ

WiMAXを利用するなら、プロバイダは最安値を維持しているGMOとくとくBBがおすすめです。

ギガ放題プランの場合、このプロバイダと組み合わせることで月々4,263円となります。

この金額は、データ量を少なめに設定している場合でさえ毎月6,000~8,000円の請求が来るドコモやソフトバンクなどキャリアと比べ、かなり安くなっているといえるでしょう。

この差を1年間継続してためた場合、数万円~場合によっては数十万円の差がつくでしょう。

初期費用は3,000円ほどかかりますが、条件を満たせば高額のキャッシュバックを受けられるかもしれませんし、今後キャリアよりも安い料金で支払い続けるため、長期化するとかなりお得になります。

なお、こちらのプロバイダは通信が安定していますし、キャッシュバックのキャンペーンも頻繁に行っているため、さらに利益が出る可能性もあります。

使用するデータ量や居住エリアによって、お得なモバイルwifiを見つけましょう

このように、比較対象が同じ場合であっても、居住エリアの電波の通りやすさや基地局の数、必要とするデータ量などの条件によって、どのモバイルwifiが良いのかという結論は変わってきます。

まずは普段自分がどれくらいデータを使っているのか数カ月単位でチェックして、平均値前後のデータを使用できるプランを比較するとよいでしょう。

-節約

Copyright© 兵庫トレンド|兵庫の美容・おしゃれ・お得情報サイト , 2019 All Rights Reserved.